ナースのための鎮痛薬によるがん疼痛治療法

森田 雅之;松本 禎之【著】

本書には、疼痛緩和においてナースが積極的な役割を果たすために必要な最新の知識が過不足なくまとめられています。WHOが示した除痛の基本原則から、痛みのアセスメント方法、鎮痛薬の種類、投与方法、そして副作用対策まで、具体的で実践的な知識が網羅されています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • がんの痛み治療法の確立と普及
  • モルヒネに対する誤解
  • がん患者の痛み治療に使う薬
  • WHO方式がん疼痛治療法
  • モルヒネ製剤の種類と特徴
  • モルヒネの投与法
  • モルヒネ以外のオピオイド製剤の特徴と使い方
  • オピオイド鎮痛薬の副作用と対策
  • 鎮痛補助薬の種類と特徴
  • 鎮痛薬使用で必要な患者指導
  • ナースに必要な麻薬管理の知識
  • 麻薬(モルヒネなど)服用患者の海外旅行・海外出張
  • よくある質問とその回答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナースのための鎮痛薬によるがん疼痛治療法
著作者等 松本 禎之
森田 雅之
書名ヨミ ナースノタメノチンツウヤクニヨルガントウツウチリョウホウ
出版元 医学書院
刊行年月 2004.10.1
ページ数 81p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4260333682
NCID BA69614681
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想