日本思想史学  第36号

日本思想史学会【編】

[目次]

  • 特集「2003年度大会シンポジウム」思想を語るメディア-近世日本を例として(思想を語るメディア-近世日本を例として
  • 「媒介」の思想史的意義-思想を「媒介」する「モノ」と「人」 ほか)
  • 研究史(イエズス会士系著訳書の受容)
  • 提言(方法としての地域)
  • 論文(「ハビアン」対「不干」-十七世紀初頭日本の思想文脈におけるハビアン思想の意義と『排耶蘇』
  • 鈴木正三の門流と近世洞済をめぐる一考察-白隠と面山の視点から ほか)
  • 書評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本思想史学
著作者等 日本思想史学会
書名ヨミ ニホンシソウシガク : 36
巻冊次 第36号
出版元 ぺりかん社
日本思想史學會
刊行年月 2004.9.30
ページ数 252p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4831510963
ISSN 03865770
NCID BA51657403
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想