多因子性疾患のリスク推定

日本アイソトープ協会【訳】

[目次]

  • 1 緒論
  • 2 多因子性疾患
  • 3 多因子性疾患の遺伝モデル
  • 4 慢性多因子性疾患の一般的属性と疫学的側面
  • 5 糖尿病
  • 6 本態性高血圧
  • 7 冠動脈性心疾患
  • 8 集団における多因子形質の維持についての機械論的モデル
  • 9 多因子性疾患の研究から得られる一般的結論とリスク推定との関連
  • 10 遺伝性疾患の突然変異成分の考えと突然変異率の増加に対するメンデル性疾患の応答性推定へのその適用
  • 11 多因子性疾患の突然変異成分を推定するための有限遺伝子座位しきい値モデル
  • 12 放射線防護との関連

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多因子性疾患のリスク推定
著作者等 International Commission on Radiological Protection. Committee 1
日本アイソトープ協会
書名ヨミ タインシセイシッカンノリスクスイテイ
シリーズ名 ICRP Publication 83
出版元 丸善
日本アイソトープ協会
刊行年月 2004.9.13
ページ数 131p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 489073161X
NCID BA69315997
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想