就職適性試験 内田クレペリン検査完全理解マニュアル  2006年版

リクルーティング・セミナー【編著】

多くの企業・自治体で採用時に行なわれる「内田クレペリン検査」は受験者の適正を鮮かに浮き彫りにするという。その秘密は、また判定の理論的根拠は一体どこにあるのか?豊富な受験例解説と本番並の実戦的模擬試験により自らの隠された内面に迫り、「内田クレペリン検査」の正しい理解と対応のしかたをわかりやすく解説する本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「クレペリン検査」はなぜ重要視されるのか(「クレペリン検査」とはどういうものか
  • 作業量(足し算の消化量)は多いほどよいのか ほか)
  • 第2章 「クレペリン検査」で明らかにされること(作業曲線(作業量の推移)の判定方法とは
  • 「非定型」は「問題あり」を示す代名詞 ほか)
  • 第3章 あなたの就職適性はこう判定される!(作業量で判定される基礎能力の水準
  • あなたは24タイプのどれに判定されるか ほか)
  • 第4章 「クレペリン検査」の直前対策はこれだ!(「理想的な検査結果」はあるのか
  • 「自己演出」はどこまで通じるのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 就職適性試験 内田クレペリン検査完全理解マニュアル
著作者等 リクルーティングセミナー
土屋書店編集部
リクルーティングセミナー
書名ヨミ シュウショクテキセイシケンウチダクレペリンケンサカンゼンリカイマニュアル : 2006
巻冊次 2006年版
出版元 土屋書店
刊行年月 2004.10.15
ページ数 95p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4806907537
NCID BA30714010
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想