弁護士論の現在

日本法社会学会【編】

[目次]

  • 特集 弁護士論の現在(弁護士・相談者間における意思決定プロセス-多重債務問題を題材として
  • Lawyers and Clients:Diverse Conceptions of Dispute Resolution in Litigation‐Linked Mediation ほか)
  • 司法改革の視点(弁護士倫理の座標-公共性と弁護士の役割)
  • 世界の学界動向(Juries,Experts,and the American Legal Culture
  • フランス法社会学観察ノート-社会学会(AFS)の統一と法社会学研究の動向)
  • 書評(六本佳平著『日本法文化の形成』)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弁護士論の現在
著作者等 日本法社会学会
書名ヨミ ベンゴシロンノゲンザイ
シリーズ名 法社会学 第61号
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.9.30
ページ数 225p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641027927
ISSN 04376161
NCID BA69066473
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想