日本解体 : 『真相箱』に見るアメリカGHQの洗脳工作

保阪 正康【著】

GHQが日本占領中に、日本国民の思考を変えるために用いた『真相箱』。それは緻密な戦略に基づいた驚愕の書だった。「政治・外交」「海上作戦」「陸上作戦」「航空作戦」「雑」に分けられた『真相箱』を細かく検証し、国民がいかに巧妙に思考回路を変更させられていったかを説いた衝撃の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • GHQの情報戦略(その前史として)
  • 近代日本を取り巻く歴史観
  • 何も知らない、すべてを失った、拠り所のない国民
  • 『真相箱』の検証(政治・外交編
  • 雑編
  • 海上作戦編
  • 陸上作戦編
  • 航空作戦編)
  • 主体性を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本解体 : 『真相箱』に見るアメリカGHQの洗脳工作
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ ニホンカイタイ : シンソウバコニミルアメリカGHQノセンノウコウサク
シリーズ名 扶桑社文庫
出版元 扶桑社
産経新聞ニュースサービス
刊行年月 2004.9.30
ページ数 283p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4594047947
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想