ワイド版世界の大思想

務台 理作;田中 美知太郎;高島 善哉;松浪 信三郎【編】

現代思想の規範となる名著の完訳決定版、待望の復刻!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 プラトン(国家
  • ソクラテスの弁明
  • クリトン)
  • 2 アリストテレス(ニコマコス倫理学
  • デ・アニマ
  • 詩学)
  • 3 デカルト(知能指導の規則
  • 方法序説
  • 省察
  • 哲学の原理
  • 情念論)
  • 4 スピノザ(倫理学(エティカ)
  • 知性改善論
  • 政治論)
  • 5 カント(先験的原理論
  • 先験的方法論)
  • 6 カント(実践理性批判
  • 判断力批判
  • 永遠の平和のために)
  • 7 ヘーゲル(序論 学的認識について
  • 緒論 現象学の意図と方法)
  • 8 マルクス(第一部 資本の生産過程(第一篇 商品と貨幣
  • 第二篇 貨幣の資本への転化
  • 第三篇 絶対的剰余価値の生産
  • 第四篇 相対的剰余価値の生産
  • 第五篇 絶対的および相対的剰余価値の生産
  • 第六篇 労賃
  • 第七篇 資本の蓄積過程))
  • 9 マルクス(第二部 資本の流通過程(第一篇 資本の姿態変換とその循環
  • 第二篇 資本の回転
  • 第三篇 社会的総資本の再生産と流通))
  • 10 マルクス(第3部 資本制的生産の総過程(第一篇 剰余価値の利潤への転形と、剰余価値率の利潤率への転形
  • 第二篇 利潤の平均利潤への転形
  • 第三篇 利潤率の傾向的低落の法則
  • 第四篇 商品資本と貨幣資本の、商品取扱資本と貨幣取扱資本への転形(商人資本)
  • 第五篇 利子と企業者利得への利潤の分裂。利子生み資本))
  • 11 マルクス(第五篇 利子と企業者利得への利潤の分裂。利子生み資本(つづき)
  • 第六篇 超過利潤の地代への転形
  • 第七篇 収入とその源泉)
  • 12 キルケゴール(おそれとおののき
  • 哲学的断片
  • 不安の概念
  • 死にいたる病)
  • 13 ニーチェ(こうツァラツストラは語った
  • この人を見よ)
  • 14 フロイト(精神分析入門
  • 自伝-精神分析学の発展とともに)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワイド版世界の大思想
著作者等 松浪 信三郎
田中 美知太郎
高島 善哉
務台 理作
書名ヨミ ワイドバンセカイノダイシソウ
出版元 河出書房新社
刊行年月 2004.9.10
ISBN 4309961606
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想