グローバルな公共秩序の理論をめざして : 国連・国家・市民社会

日本国際政治学会【編】

[目次]

  • 序文 グローバルな公共秩序の理論をめざして-国連・国家・市民社会
  • 新たな地球公共秩序構築へ向けて-国連の役割に関する考察
  • 国際平和回復政策の構想と実際-「多国間主義の危機」を越えて
  • 「複合的なガバナンス」とグローバルな公共秩序の変容-進化論的コンストラクティビズムの視点から
  • 国際機構システムによるグローバルな秩序形成過程の民主化-グローバル・ガバナンスの民主化の一位相
  • 難民帰還と国際開発援助-慢性的な政治不安定状況下での"救援から開発"戦略は有効か
  • 国連と少数民族の権利-主権の変容と民主的統治をめぐる諸問題
  • 持続可能な発展グローバル公共秩序と国連システム改革プロセス-国連環境計画の事例
  • 市民社会によるグローバルな公共秩序の構築-社会秩序にもとづく国際秩序の変容を求めて
  • ウェストファリアと「帝国」の間-公共圏を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバルな公共秩序の理論をめざして : 国連・国家・市民社会
著作者等 日本国際政治学会
書名ヨミ グローバルナコウキョウチツジョノリロンヲメザシテ : コクレンコッカシミンシャカイ
シリーズ名 国際政治 137
出版元 日本国際政治学会
有斐閣
刊行年月 2004.6.19
ページ数 183p
大きさ 21cm(A5)
ISSN 04542215
NCID BA68304372
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想