パラダイム刑事訴訟法

Wセミナー【編】

社会人・主婦でもわかる、知識ゼロでもわかる、かみ砕いた内容。問題文のイメージをかきたてるイラスト・図解。無駄な情報を省いた必要最低限の情報。初学者を惑わせない解説。新しい時代の画期的合格答案。ロースクール(法科大学院)既修者コース進学希望の方の論文対策にも対応。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 主体(裁判所・裁判官・検察官の役割
  • 弁護人の役割)
  • 捜査(逮捕前置主義
  • 違法逮捕の事後処理 ほか)
  • 公訴提起(起訴状一本主義と訴因の特定
  • 訴因変更 ほか)
  • 公判(挙証責任
  • 黙秘権 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パラダイム刑事訴訟法
著作者等 早稲田司法試験セミナー
Wセミナー
書名ヨミ パラダイムケイジソショウホウ
シリーズ名 いきなり論文過去問シリーズ 6
出版元 早稲田経営出版
刊行年月 2004.8.20
ページ数 271,5p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4847117344
NCID BA7084965X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想