愛のトンデモ本  上

と学会【著】

「恋は狂気の沙汰」と言う。もともと、恋愛というものはロミオとジュリエットの昔から、通常の社会規範を飛び越えた行動を人に起こさせる一種の異常状態とされてきた。人は恋をすると正常な状態を失い、まじないにかかったようにトンデモが憑依する。そして人は異性にのみ恋をするのではなく、エロアニメに、老人に、寄生虫にだって恋をする。そんな、と学会がおとどけする二十一世紀を代表する愛の奇書、堂々文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 もしかしたら、すごく気持ちいいのかも「恋愛スピリット」(愛はさだめ、さだめはシェーッ!-ジェス・スターン『前世からの恋人』
  • 愛することを忘れた人類は滅亡を免れない!-アーリオーン『光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える。』
  • 肉を多く取るのはサディスト?-斎藤勇『心理ゲーム恋愛編』 ほか)
  • 第2章 なんとなく、水晶みたいな「恋のボキャブラリー」(愛と官能の奔流-永田守弘編『官能小説用語表現辞典』
  • 超実用的恋愛名言集-ディスカヴァー21編集部編『THE RULES OF LOVE-恋のオキテ-』
  • 愛は機械的に再生可能!?-クロード・ボリロン"ラエル"『官能瞑想』 ほか)
  • 第3章 ひょっとして、愛も恋も仕事のうち?「純愛のタレント」(二谷友里恵と郷ひろみの三冊連なる「トンデモ愛の世界」-二谷友里恵『愛される理由』、郷ひろみ『ダディ』、二谷友里恵『楯』
  • それでもジャニーズと結婚したい!-平本淳也『ジャニーズアイドル攻略法』
  • あなたもキムタクと結婚できる!?-志条よし乃『なぜ、工藤静香がキムタクと結婚できたのか』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛のトンデモ本
著作者等 と学会
書名ヨミ アイノトンデモボン : ジョウ
シリーズ名 扶桑社文庫
巻冊次
出版元 扶桑社
刊行年月 2004.7.30
ページ数 256p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4594047572
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想