総則・物権・担保物権 : 民法  1

今上 益雄【著】

本書は、例えば建物保護法、借地法、立木法等の民法に関連した特別法にも、必要最少限度で論及したのは無論であるが、区分所有権及び仮登記担保権については法律の一部改正あるいは立法がなされ、その内容は不動産登記にも関連性を有するので、独立した項目で解説を加えたほか、判例法上承認されている譲渡担保権についても論及した。また、民法と不動産登記法との有機的関連付けを図るため、それぞれの項目ごとに関連登記先例を掲げ、不動産登記手続において、実務上の処理がどのように行われているかのヒントを明らかにした。また、今回は、平成16年4月1日に改正民法が施行されたのに伴い、改正の趣旨、内容を解説。さらに平成15年末までの重要判例を補充した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総則(人
  • 法人
  • 物 ほか)
  • 第2部 物権法(物権の変動
  • 占有権
  • 所有権 ほか)
  • 第3部 担保物権法(抵当権
  • 質権
  • 留置権 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 総則・物権・担保物権 : 民法
著作者等 今上 益雄
書名ヨミ ソウソクブッケンタンポブッケン : ミンポウ : 1
シリーズ名 司法書士合格基本選書 1
巻冊次 1
出版元 東京法経学院出版
刊行年月 2004.7.12
版表示 全訂4版
ページ数 566p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4808917483
NCID BA68950264
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想