春画の謎を解く

白倉 敬彦【著】

春画研究の第一人者が奥深い作品世界の味わい方を伝授する!本書は、マニアに偏りがちだった春画の世界を一般読者にも親しんでもらうために著した前著(『江戸の春画』)の続編である。第一部では、今までにない視点から著者独自の枕絵師論が展開される。西川祐信と江戸の枕絵師の影響関係、春信作品の真贋、歌麿作品の近代性、そして、江戸の七大浮世絵師に含まれない"隠れ巨匠"勝川春章の発見である。第二部では、「春画に描かれた性表現」の独自性を、女らしさ、男らしさのジェンダー論を足がかりに西欧美術と比較する。さらに春画に描かれた「腰巻」の意味、母と子の近親相姦問題を母子画像から読み込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春画と遊び-サロン芸術を支えた人々
  • 第1部 春画作品と浮世画師の系譜(西川祐信と江戸の春画-その量り知れない影響力
  • 春信春画をめぐる謎-どれが本当の作品か
  • 喜多川歌麿の近代性-「真を描かん」とする意志
  • 勝川春章の美と怪奇趣味-矛盾が生み出す衝動とエネルギー)
  • 第2部 春画に描かれた性(江戸の裸体画-「女らしさ」のない世界
  • 隠された「筋肉信仰」-「男らしさ」のない世界
  • 二布(腰巻)のエロティシズム-緋色と襞が表徴するもの
  • 欲情する母子像-「母子姦」への予感)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 春画の謎を解く
著作者等 白倉 敬彦
書名ヨミ シュンガノナゾヲトク
シリーズ名 新書y
出版元 洋泉社
刊行年月 2004.6.21
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 4896918274
NCID BA6751569X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想