実践から学ぶ 死が近づく人へのケア : 家族支援のポイント

宮崎 和加子【監修】

幸せな在宅での看取りとは何か?死が近づく人と、その家族のための最高の支援者となるために豊富な事例と声かけを通して今、在宅ケアに携わる人たちへ…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 座談会 訪問看護師が支える臨死期のケア-ポイントは家族への声かけ
  • 第1部 臨死期ケアの実際(数日以内に死亡することが予測される場合
  • 24時間以内に死亡すること(危篤状態)が予測される場合 ほか)
  • 第2部 納得がいく在宅ターミナルケアの実践のために(在宅ターミナルケアとは
  • 在宅で終末期を過ごす実情 ほか)
  • 第3部 私たちがケアした在宅ターミナル(好きなビールを飲みながら旅立たせることができた
  • 家族それぞれの看取り方から「見守る大切さ」を学ぶ ほか)
  • 第4部 参考資料 豊かなケア実現のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践から学ぶ 死が近づく人へのケア : 家族支援のポイント
著作者等 池田 洋子
宮崎 和加子
書名ヨミ ジッセンカラマナブシガチカズクヒトヘノケア : カゾクシエンノポイント
出版元 日本看護協会出版会
刊行年月 2004.5.10
ページ数 159p
大きさ 28×21cm
ISBN 481801074X
NCID BA68210177
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想