星孕む女神は終焉の風を渡る : ホワイトプリズン  6

黄 支亮【著】

密林の島で、女王エマに謁見したフィオは、この島の秘密を告げられる。島に眠る古代遺跡、それこそは、初代女王が残した異世界への扉だったのだ。この世界から決別し、別世界へ旅立とうとするエマに、協力を求められるフィオ一行。そして、彼の妻と女王の家臣たちは、扉を発動させるため、遺跡の奥へと歩を進めることとなる。だが、そこには肉の試練が待ち受けていた。おぞましい怪物の舌に淫蜜を啜られ、淫樹の触手に子宮を抉られて肉悦に溺れる女たち。さらに最後の試練を前にして、女王さえもその肉体を捧げるのだった…。小説本編に加え、単行本未収録の『ホワイトプリズン外伝』を小冊子として同時収録。豪華装丁で送る人気シリーズ、ここに堂々完結。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 星孕む女神は終焉の風を渡る : ホワイトプリズン
著作者等 黄 支亮
書名ヨミ ホシハラムメガミハシュウエンノカゼヲワタル : ホワイトプリズン : 6
シリーズ名 二次元ドリームノベルズ
巻冊次 6
出版元 キルタイムコミュニケーション
刊行年月 2004.4.30
ISBN 4860320891
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想