冷戦史の再検討

日本国際政治学会【編】

[目次]

  • 冷戦史の再検討
  • 1 国際関係史としての冷戦と同盟(領土問題とソ連=東欧諸国関係の変容-トランシルヴァニア・チェシン問題とソ連外交一九四五‐一九四七年
  • 第二次台湾海峡危機の再検証-二超大国の狭間の中国外交 ほか)
  • 2 冷戦と周辺(冷戦と脱植民地化-アルジェリア戦争と仏米関係
  • 東南アジア国際関係の変容とオーストラリア-オーストラリアにとっての英米軍事プレゼンス)
  • 3 冷戦と社会・文化(核実験問題と日米関係-「教育」過程の生成と崩壊を中心に
  • イギリスによる対ソ連文化外交戦略一九五五‐一九五九-ブリティッシュ・カウンシルを中心に)
  • 独立論文(朝鮮労働党の結成と金日成-朝鮮戦争の開戦工作との関連)
  • 書評(納家政嗣著『国際紛争と予防外交』
  • スミト・ガーングリー著『果てしなき紛争-一九四七年以後のインド・パキスタンの緊張関係』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冷戦史の再検討
著作者等 日本国際政治学会
書名ヨミ レイセンシノサイケントウ
シリーズ名 国際政治 134
出版元 日本国際政治学会
有斐閣
刊行年月 2003.11.29
ページ数 164,18p
大きさ 21cm(A5)
ISSN 04542215
NCID BA66870404
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想