シンポジウム総題「ひとはなぜ働くのか」 : 倫理学研究  第34号(2004年)

関西倫理学会【編】

[目次]

  • シンポジウム 総題…「ひとはなぜ働くのか」(「フリーター」という労働形態から見る「働く」ということ
  • 「働く」はどこにいくのか? ほか)
  • 依頼論文 道徳的知識と行為について-ソクラテスとアリストテレスのアクラシア論をめぐって
  • 公募論文(スピノザにおける知識と実践-共同性の理論的基礎づけ
  • アダム・スミスの良心論-『道徳感情論』第二版と第六版の改訂をめぐって ほか)
  • 書評(谷本光男『環境倫理のラディカリズム』
  • 柘植尚則『良心の興亡 近代イギリス道徳哲学研究』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シンポジウム総題「ひとはなぜ働くのか」 : 倫理学研究
著作者等 関西倫理学会
書名ヨミ シンポジウムソウダイヒトハナゼハタラクノカ : リンリガクケンキュウ : 2004
巻冊次 第34号(2004年)
出版元 晃洋書房
関西倫理学会
刊行年月 2004.4.20
ページ数 157p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 477101549X
NCID BA56880649
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想