環境共生建築 : 多用な省エネ・環境技術の応用

建築思潮研究所【編】

本誌は、日本の現代建築を主用途別に分類し、立地、規模、社会性、造形など、さまざまな面を考慮に入れてその代表作を選び、収録している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 建築における環境問題への包括的アプローチ-建築は地球環境の中にいかに構築されるべきか(環境問題とは何か
  • 建築における環境対策の現状と体系的視座の必要性
  • 環境共生建築の五つの方向性
  • 自然エネルギー建築の計画)
  • 「エアコン」という常識から脱却せよ-太陽は二つと考えるソーラーシステムと低質熱源による天井放射冷暖房
  • 建築を生かす領域冷暖房-変動する自然域と安定した居住域の間に緩衝帯「活性域」をつくる
  • 建築の省エネ効率の指標について
  • 実作資料編(積水ハウス九段南ビル
  • 明治安田生命高松藤塚町ビル
  • NSW山梨ITセンター
  • 静岡ガス研修センター
  • トヨタ車体開発センター技術本館 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境共生建築 : 多用な省エネ・環境技術の応用
著作者等 建築思潮研究所
書名ヨミ カンキョウキョウセイケンチク : タヨウナショウエネカンキョウギジュツノオウヨウ
シリーズ名 建築設計資料 95
出版元 建築資料研究社
刊行年月 2004.3.25
ページ数 208p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4874608159
NCID BA66691234
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想