人口地理学入門

小笠原 節夫【著】

人口の地理学的研究あるいは人口の地域的分析は、人口の分布・増減・移動・構造といった一連の人口現象の地域的差異を明らかにし、かつ差異が出現するにいたった要因を追求することを目的としている。本書はその入門書で、この分野の研究でよく用いられる各種の分析手法のうち基礎的なものをとりあげ、計算の実例を示しながら解説したものである。手法の解説に必要な計算例には、もっぱら現代の日本の人口をとりあげて、読者が手法の理解と並行して現代日本の地域人口の実態に触れることができるように工夫した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人口の分布(人口分布図
  • 人口密度と人口密度図 ほか)
  • 第2章 人口の増減(人口の増加数・増加率・増加指数
  • 増減の寄与率 ほか)
  • 第3章 人口の移動(移動に関するデータ
  • ラベンスタインの「移動法則」 ほか)
  • 第4章 人口の構造(男女構造
  • 年齢構造 ほか)
  • 第5章 研究を進めるに当って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口地理学入門
著作者等 小笠原 節夫
書名ヨミ ジンコウチリガクニュウモン
出版元 原書房
刊行年月 2004.2.25
ページ数 132p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 456209026X
NCID BA67130017
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想