東京大都市圏の地域システム

橋本 雄一【著】

第1章では、高度経済成長期以降、東京大都市圏において生起した地域システムの変容を、小売業機能を指標として明らかにするという目的について説明しており、続いて研究方法および関連する従来の研究について記述。第2章では、古典中心地理論における動態論的側面について検討し、実証研究を行う上での理論的根拠を導出。また、中心地理論の立場で、大都市圏構造が周辺地域で生じる超過利潤を消滅させるように変化するという変容モデルを提示。第3章から第5章にかけては、古典中心地理論を枠組みとして、大都市圏における地域システムを解明するために、大都市圏全体における小売業機能の時空間構造と、大都市圏周辺部に位置する市町村内部における中心地階層の再編成との対応を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 大都市圏における小売業構造の変容に関する中心地理論的解釈
  • 第3章 東京大都市圏における小売業機能の時空間構造
  • 第4章 市町村内部における中心地システムの変容
  • 第5章 東京大都市圏における地域システムの変容
  • 第6章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京大都市圏の地域システム
著作者等 橋本 雄一
書名ヨミ トウキョウダイトシケンノチイキシステム
出版元 原書房
刊行年月 2004.2.25
ページ数 264p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4562090480
NCID BA67391597
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想