歴史と民俗 : 神奈川大学日本常民文化研究所論集  20

神奈川大学日本常民文化研究所【編】

[目次]

  • 近世神社領の土地管理組織-大山崎離宮八幡宮領を事例として
  • 「さかい」の論理と「あいだ」の論理-言語の人類学的側面
  • 小特集/戦争の記憶と記録(「軍神」空閑少佐再考-捕虜/自決をめぐる言説と伝承
  • 忠霊塔に関する一考察-その意匠と祭祀形態をめぐって
  • 防空壕)
  • 海人のむらの民俗誌から(上)-宇久島・平調査ノート
  • 資料紹介 アチックミューゼアム日誌(3)昭和一二年一月〜一二月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史と民俗 : 神奈川大学日本常民文化研究所論集
著作者等 神奈川大学日本常民文化研究所
日本常民文化研究所
神奈川大日本常民文化研究所
書名ヨミ レキシトミンゾク : カナガワダイガクニホンジョウミンブンカケンキュウショロンシュウ : 20
巻冊次 20
出版元 平凡社
刊行年月 2004.3.10
ページ数 240p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4582458238
NCID BN00217198
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想