版画になった仏たち : 西田光衛画集

西田 光衛【著】

清水寺の大西良慶和上が四十年数年前、「もう素人やないな」と評した西田師の版画は、その後東大寺の清水公照師、善光寺の一条智光師といった高僧にも愛されてきた。版画界の重鎮の一人徳力富吉郎氏も「とても、ありがたいことである」と深い共感を送り続けた西田和尚の描く仏たち。これまで数知れない人達を励まし、叱り、癒してきた姿が、ここによみがえった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 昭和五十年六月〜昭和五十八年七月
  • 2 昭和五十八年十月〜平成四年四月
  • 3 平成四年五月〜平成十年二月
  • 4 平成四年四月〜平成十五年八月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 版画になった仏たち : 西田光衛画集
著作者等 西田 光衛
書名ヨミ ハンガニナッタホトケタチ : ニシダコウエガシュウ
出版元 白馬社
刊行年月 2004.1.26
ページ数 223p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4938651459
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想