社会保障の基本問題 : 「自助」と社会的保障

相沢 与一【著】

本書は、社会保障を現代社会政策の一中心であると仮定し、社会保障を中心に社会政策をその「自助」と社会的保障の矛盾と統一として、そして各社会においてそれを反映する対立・闘争と国家による政策的な「解決」の試みとして研究し説明しようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会政策としての社会保障論の諸問題(「基本的人権としての社会保障」宣言とその実現を阻害する諸条件
  • 社会保障の新保守主義的「改革」と「自助」原則 ほか)
  • 第1章 社会保障と社会政策論の再構成-社会保険・公的扶助論を中心にして(問題状況と理論的課題の設定
  • 社会政策論的な社会保険論の保険=技術説批判 ほか)
  • 第2章 「受救貧民」(Pauper)と国家-公的扶助論の理論的原点をたずねて(「絶対的貧困」と「受救貧民」-救貧扶助の経済的必然性
  • 公的な救貧扶助の社会的および国家的必然性 ほか)
  • 第3章 社会保障史論の一視角(原蓄による本来的な自助条件の収奪と二重に自由な賃金労働者の「自助」
  • 機械制大工業にもとづく資本蓄積がもたらす労働および生活の社会化と社会的貧困化による社会的保障へのニード形成 ほか)
  • 補章 公的福祉と福祉の自主的協同化-その必然性と現実(資本主義的な生産および生活様式のもとでの公的福祉の必然性とその限界性
  • 「福祉社会」と福祉の協同化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会保障の基本問題 : 「自助」と社会的保障
著作者等 相沢 与一
書名ヨミ シャカイホショウノキホンモンダイ : ジジョトシャカイテキホショウ
出版元 未来社
刊行年月 2000.4.15
版表示 POD版
ページ数 247p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4624990013
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想