近世城郭史の研究

鳥羽 正雄【著】

本書は、日本の城郭が、最も発達を遂げた近世初期において、如何なる場合に、如何なる場所へ、如何なる人によって、如何なる目的により、如何なる方法を以て造られたかということを、確実な史料に基いて考察したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(研究の目的
  • 研究の方法)
  • 総論(日本城郭変遷の大要
  • 近世城郭の定義 ほか)
  • 各論(近世城郭形成の時期的考察
  • 近世城郭の場所に関する考察 ほか)
  • 結論(事実の展開とその理由
  • 近世城郭の特徴)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世城郭史の研究
著作者等 鳥羽 正雄
書名ヨミ キンセイジョウカクシノケンキュウゼン
出版元 雄山閣
雄山閣出版
刊行年月 2003.4.1
版表示 POD版
ISBN 4639100264
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想