阿弥陀信仰

伊藤 唯真【編】

本書は、阿弥陀信仰の基本構造を仏凡の来迎・往生という対応関係、滅罪と追善性をもつ念仏への傾斜と本願帰信の尊重とが描く心的軌跡に求め、これを土台として展開する各時代の阿弥陀信仰の諸相をみつめる方法を採り、あわせて民俗のなかの阿弥陀信仰を考えて、この信仰にひそむ常民性を求めてみようとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 阿弥陀信仰の史的展開(奈良時代における弥陀信仰
  • 平安時代における法華信仰と弥陀信仰-とくに『法華験記』と往生伝の研究を中心として ほか)
  • 第2篇 阿弥陀信仰の思想的基調(阿弥陀信仰の基調と特色
  • 来世浄土と阿弥陀仏-浄土念仏の二要素 ほか)
  • 第3篇 阿弥陀信仰と芸術・儀礼・民俗(阿弥陀仏の造像について
  • 極楽絵 ほか)
  • 第4篇 阿弥陀信仰の研究成果と課題(阿弥陀信仰研究史の回顧と展望
  • 収録論文解説)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿弥陀信仰
著作者等 伊藤 唯真
書名ヨミ アミダシンコウ
シリーズ名 民衆宗教史叢書 11
出版元 雄山閣
雄山閣出版
刊行年月 2003.4.1
版表示 POD版
ページ数 360p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4639100124
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想