後・終末期古墳の研究

河上 邦彦【著】

本書は大和を中心とした後・終末期古墳の地域研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 後・終末期古墳の研究動向
  • 前編 後期古墳の編年とその様相(大和の横穴式石室の編年と諸問題
  • 群集墳の研究
  • 終末期古墳の研究
  • 古墳の地域研究)
  • 後編 後期古墳の構造と被葬者(主要古墳の検討
  • 横穴式石室の構造論
  • 古墳の被葬者論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後・終末期古墳の研究
著作者等 河上 邦彦
書名ヨミ コウシュウマツキコフンノケンキュウ
出版元 雄山閣
雄山閣出版
刊行年月 2003.4.1
版表示 POD版
ページ数 376p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4639100140
NCID BA70529342
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想