塩の日本史

広山 堯道【著】

[目次]

  • 古代(藻塩-製塩に海藻をどう使ったか
  • 堅塩-はたして貧者の塩であったのか ほか)
  • 中世(中世の塩浜と塩生産者の実態はどうであったか
  • 瀬戸内の何処で塩が作られたか ほか)
  • 近世(近世にはすべての製塩法が出揃う
  • 三陸海岸では海水を直接煮つめた ほか)
  • 近代(明治維新は塩業にどのような影響を与えたか
  • 塩田の地租改正は田畑の場合とどう違ったか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 塩の日本史
著作者等 廣山 尭道
広山 堯道
書名ヨミ シオノニホンシ
シリーズ名 雄山閣BOOKS
出版元 雄山閣
雄山閣出版
刊行年月 2003.4.1
版表示 POD版
ページ数 206p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 463910023X
NCID BA51836570
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想