近世日本治水史の研究

大谷 貞夫【著】

本書は関東地方を中心に幕府の治水政策史を纒めたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近世の災害と幕府の対応(災害の発生と関東農村
  • 幕府の対応)
  • 第2章 江戸幕府の治水職制(前期の郡代・代官と治水
  • 四川奉行 ほか)
  • 第3章 江戸幕府の治水仕法(公儀普請
  • 大名手伝普請 ほか)
  • 第4章 普請組合の成立と展開(忍領普請組合
  • 館林領普請組合の成立 ほか)
  • 第5章 新田開発と治水(下総国安西新田の成立と治水
  • 新利根川の開鑿と新田開発 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世日本治水史の研究
著作者等 大谷 貞夫
書名ヨミ キンセイニホンチスイシノケンキュウ
出版元 雄山閣
雄山閣出版
刊行年月 2003.4.1
版表示 POD版
ページ数 405p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4639100035
NCID BA51837664
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想