凱旋門

レマルク E.M.【著】<Remarque Erich Maria>;山西 英一【訳】

「西部戦線異常なし」と並ぶレマルクの代表作。第二次大戦前夜のパリ。ドイツからの亡命者である医師ラヴィックは、ある夜、セーヌ河畔を虚ろに彷徨う女ジョアンに出会う。ゲシュタポによる拷問、元恋人の死…、心に深い闇を抱える男と、無邪気なまでに愛情を求め続けるもどこか悲しさ漂う女。戦争の不吉な黒い影が忍び寄る都を舞台に、ふたりの絶望的な恋と葛藤を描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凱旋門
著作者等 Remarque, Erich Maria
山西 英一
レマルク E.M.
書名ヨミ ガイセンモン
出版元 ブッキング
刊行年月 2003.12.25
ページ数 509p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4835440714
NCID BA65285737
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想