数学的表現力 6年間でつける「かく力・話す力・よむ力」

間嶋 哲【著】

数学は二つの側面をもっている。一つは数学的事実(真理・命題)の体系であり、もう一つは、数学的表記(言語・記号)の体系である。教育では後者の面は極めて重要であるにもかかわらず、ひどくおろそかにされている。本書では、数学的表記研究の一助として、具体例を挙げている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数学的表現力のベーシック(なぜ今、数学的表現力なのか
  • 数学的表現力を鍛える技術
  • 数学的表現力を鍛える日常)
  • 第2章 数学的表現力を高める授業の実際(子どもの声をじっくりと聴く-1年
  • 身近にあるかけ算-2年「かけ算」
  • しきつめられる形はどれ?-3年
  • こんなふうに整理するといいよ-4年「整理の仕方」
  • 三角定規を組み合わせると-5年「図形の角」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学的表現力 6年間でつける「かく力・話す力・よむ力」
著作者等 間嶋 哲
書名ヨミ スウガクテキヒョウゲンリョク6ネンカンデツケルカクチカラハナスチカラヨムチカラ
シリーズ名 使える算数科ベーシック 1
出版元 学事出版
刊行年月 2004.1.9
ページ数 126p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4761910208
NCID BA6528800X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想