特集 言葉、あるいは翻訳 : 日本の哲学  第4号

日本哲学史フォーラム【編】

[目次]

  • 巻頭エッセー 現象学的思惟と東洋の思惟との間-経験の深層次元への問いの道
  • 特集 言葉、あるいは翻訳("人間"の言葉、死者の言葉-"語りえぬもの"をめぐって
  • 宗教の言語と翻訳-新約聖書の「場所論的言語」と新共同訳をめぐって
  • 哲学翻訳の脱聖化
  • 翻訳の思想-翻訳でつくられた「主語」)
  • 西田幾多郎とパスカルの精神
  • 九鬼哲学序曲-『偶然性の問題』を読み解くために
  • 書評 山室信一著『思想課題としてのアジア-基軸・連鎖・投企-』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 言葉、あるいは翻訳 : 日本の哲学
著作者等 日本哲学史フォーラム
書名ヨミ トクシュウコトバアルイハホンヤク : ニホンノテツガク : 4
巻冊次 第4号
出版元 昭和堂
刊行年月 2003.12.10
ページ数 125p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4812203252
NCID BA65163809
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想