五行循環

吉野 裕子【著】

一年十二カ月、四季の推移の無事順調の巡りを希って、古来、日本人は様々な呪術を行ってきた。民生の安定・五穀豊穣祈願のためには自然の成すがままでなく折目節目に年中行事を配してその調整に心を砕く。その重要な要素が易と五行の原理である。陰陽二元から発した森羅万象を統一的に理解する「易」の理、木火土金水の五原素の輪廻に万物の生成、発展、交替をみる「五行」の思想、現行の民俗にかろうじて受け継がれているその祈りの軌跡を追った待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 正月の神(正月の神の名、太歳・歳徳・大歳神
  • 松・松迎え・門松
  • 「十二月十三日」と「煤払い」 ほか)
  • 第2部 五行循環(正月 寅月
  • 二月 卯月
  • 三月 辰月 ほか)
  • 第3部 易・五行の概要(易の成立
  • 易の六義
  • 太極と陰陽二元 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 五行循環
著作者等 吉野 裕子
書名ヨミ ゴギョウジュンカン
出版元 人文書院
刊行年月 2003.11.25
版表示 オンデマンド版
ページ数 290p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4409590057
NCID BA65293305
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想