日本人の死生観 : 蛇・転生する祖先神

吉野 裕子【著】

人は他界から来て他界に還る。その広大にひろがる他界を領する主がわれわれの祖霊である。そしてその祖霊こそ蛇にほかならない!蛇から人になる「誕生」、そして人から蛇へ変身する「死」。産屋・産育習俗、喪屋・殯・葬送儀礼など、生と死にかかわる夥しい日本の諸民俗は徹底した蛇信仰につらぬかれている。日本人古来の死生観を探り、世界の蛇信仰への視点も切り拓く吉野民俗学の白眉。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本人の蛇信仰
  • 第2章 産屋-蛇から人へ
  • 第3章 喪屋-人から蛇へ
  • 第4章 箒神と荒神
  • 第5章 他界と方位-出雲と伊勢
  • 第6章 古代日本人の死生観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の死生観 : 蛇・転生する祖先神
著作者等 吉野 裕子
書名ヨミ ニホンジンノシセイカン : ヘビテンセイスルソセンシン
出版元 人文書院
刊行年月 2003.11.25
版表示 オンデマンド版
ページ数 194p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4409590065
NCID BA6529351X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想