暮らしに役立つスグレモノ 炭を使いこなす

山と渓谷社【編】

窯の中、赤々と燃える炎の洗礼を受け、炭は生まれてくる。軽量で無煙、火加減も自在にできるこの便利な燃料は、かつて家庭の炊事や暖房に欠かせない存在だった。炭の材料となる雑木の多くは、幹を伐っても切株から芽吹いて成長する性質があり、10年ほどで伐採が可能になる。この性質が薪炭林としての連続的な利用を可能にしていたのだ。現在、「自然との共生」「持続可能な開発」が盛んに叫ばれているが、われわれの祖先はそれを実現していたし、炭焼きもそのサイクルに上手に組み込まれていた。日本は最盛期には約220万tもの木炭を生産し、質の高さでも国際的に高く評価されていたが、1958年以降は燃料革命を背景に炭の生産量が激減。かつては常識とされた「炭を扱うスキル」も失われつつある。しかし近年、料理をおいしくする、湿気や化学物質を吸着するといった効能が評価され、再び炭が注目を集めるようになってきた。もちろん、風情ある燃料としての魅力も忘れてはいけないだろう。現代の生活の中にもう一度炭のパワーを取り込み、快適に暮らしてみようではないか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 炭を暮らしに生かす(知ってるようで知らない炭のパワーを探る こんなにあった「活躍の場」
  • 炭火ならではの「強火の遠火」がうまみを逃さず焼き上げる ほか)
  • 第2章 炭の正体って何だ?(樹種別に見る木炭カタログ 黒炭と白炭は何が違う?
  • 炭の特性を知る ほか)
  • 第3章 火を使いこなす(不安なく炭火を楽しむための火おこしの極意
  • 炭火を扱う小粋な小道具 ほか)
  • 第4章 炭焼きは楽し(身近な材料で作れる炭焼き窯 ドラム缶窯で炭焼きに挑戦
  • 見てよし、燃やしてよしのしゃれた炭 作ろう飾ろう鑑賞炭 ほか)
  • 第5章 炭焼きたちの肖像(窯出し前日は寝ずの勝負。伝統の技で紀州備長炭を作る 下村健一さん、平山幸男さん
  • 炭焼きの山里に生まれ育ち「ちんちん炭」の伝統を今に伝える 方山堅吾さん ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暮らしに役立つスグレモノ 炭を使いこなす
著作者等 山と渓谷社
書名ヨミ クラシニヤクダツスグレモノスミヲツカイコナス
シリーズ名 新・ウッディライフ選書
出版元 山と渓谷社
刊行年月 2003.12.20
ページ数 103p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4635042359
NCID BA65935140
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想