家計の金融資産に関する世論調査  平成15年(2003)

新情報センター【編】

この調査は、金融広報中央委員会が、金融広報活動に役立てることを目的として、家計の金融資産に対する考え方やその実態などについて、全国の世帯員2名以上の世帯を対象に、昭和28年以降毎年1回実施しているものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 年間手取り収入(臨時収入を含む)からの貯蓄割合
  • 臨時収入等からの貯蓄割合
  • 貯蓄の有無
  • 金融資産保有額
  • 種類別金融商品保有額
  • 確定拠出年金、外貨建金融商品の保有額
  • 今後の金融商品の保有希望
  • 金融商品の選択基準
  • リスクとチャンスの関係に対する考え方
  • 元本割れリスクのある金融商品の保有〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家計の金融資産に関する世論調査
著作者等 新情報センター
書名ヨミ カケイノキンユウシサンニカンスルヨロンチョウサ : 2003
巻冊次 平成15年(2003)
出版元 ときわ総合サービス
貯蓄広報中央委員会
金融広報中央委員会
刊行年月 2003.11
ページ数 145p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想