鏡の影

佐藤 亜紀【著】

中世ヨーロッパ、土埃にまみれ泥酔した農民たちは「野良靴を居酒屋の入口に掲げ」て、世の中を変えるために坊さんを吊るそうとしていた。だが、ヨハネスにとって、全世界を変えるにはたった一点を変えるだけで充分に見えた。世界の奥義に気付いてしまった彼の呪われた人生が始まった。惑星直列、占星術、妖術、異端審問、宗教論争、政治、そして見え隠れする堕天使…退廃と知に彩られたドグマ崩壊を描く壮大な物語。「『日蝕』の贋作疑惑騒動とは別」に「90年代の日本文学の大きな収穫」は「いつでも手に入る状態にあるべきだ」との多くの示唆についに復刊。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡の影
著作者等 佐藤 亜紀
書名ヨミ カガミノカゲ
出版元 ブッキング
刊行年月 2003.12.10
ページ数 336p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4835440706
NCID BA64790075
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想