世界政府の展望

日本平和学会【編】

アメリカの「帝国」的な行動やグローバル化のもとでのローカルな「現場」の実態を検証し世界政府をキーワードに国際社会のあり方を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史と未来のグランド・デザイン(運動としての世界連邦論
  • 危機の21世紀初めにおける三つの理想主義-"力の支配/法の支配"と脱構築的正義)
  • 2 「帝国」と世界秩序(アメリカ帝国論の現状と世界秩序の行方
  • 「新しい戦争」と二つの世界秩序の衝突-9・11事件から世界は何を学ぶべきか ほか)
  • 3 現場の挑戦(ローカル・イニシアティブと平和主義の架橋
  • アフリカの女性と貧困-グローバリゼーションの波の中で ほか)
  • 学会動向-国際平和研究学会(IPRA)の新たな動き
  • 書評(「テロとの戦争」の1年-批判的眼識が見分けたもの 西谷修著『「テロとの戦争」とは何か 9.11以後の世界』
  • パックス・アメリカーナの逆説-「帝国」の現在 藤原帰一著『デモクラシーの帝国 アメリカ・戦争・現代世界』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界政府の展望
著作者等 日本平和学会
書名ヨミ セカイセイフノテンボウ
シリーズ名 平和研究 第28号
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2003.11.10
ページ数 212p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4657039253
NCID BA64579415
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想