データベース白書 : ユビキタス社会を拓く知的資源  2003

経済産業省商務情報政策局【監修】;データベース振興センター【編】

様々な分野で情報基盤となっているデータベースの現状を取りまとめた年次報告書。データベースの市場規模、提供・利用状況調査、企業・行政・教育情報化との関連、知的財産権、個人情報保護、情報セキュリティー、技術動向、海外事情などを解説した総合的な調査・分析資料です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(2003年特別寄稿:ユビキタスデータベース社会を目指して
  • データベースの現状
  • 課題と展望)
  • 第2部 わが国におけるデータベース産業の現状(データベースサービス市場の動向
  • データベースサービス業の動向)
  • 第3部 データベースの利用状況(企業における利用状況
  • 個人・家庭における利用状況
  • 教育分野における情報活用の現状 ほか)
  • 第4部 企業・産業の情報化とデータベース(インハウスデータベースの動向
  • インハウス・企業間でのデータベース活用例
  • 電子商取引とデータベース)
  • 第5部 行政分野における新たな動き(電子政府
  • 電子自治体
  • 行政データベースの提供と活用)
  • 第6部 デジタルコンテンツの新しい動き(データベースの市場規模とデジタルコンテンツの市場
  • デジタルアーカイブとデータベース
  • 電子ジャーナルおよび電子図書館の最新動向)
  • 第7部 データベース関連の技術動向(ユビキタスネットワークの進展と動向
  • XMLおよび次世代技術の動向
  • 広がるGISの応用分野)
  • 第8部 データベースを巡る法制度(データベースと財産権保護
  • 個人情報保護とデータベース)
  • 第9部 データベースを巡る新たな展開と課題(データベースを巡る新しい動き
  • 情報セキュリティとデータベース
  • アグリゲーションサービスの動向 ほか)
  • 第10部 海外におけるデータベースの動向(世界およびアメリカの動向
  • ヨーロッパの動向
  • アジアおよびオーストラリアの動向)
  • 第11部 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 データベース白書 : ユビキタス社会を拓く知的資源
著作者等 データベース振興センター
経済産業省商務情報政策局
書名ヨミ データベースハクショ : ユビキタスシャカイヲヒラクチテキシゲン : 2003
巻冊次 2003
出版元 データベース振興センター
刊行年月 2003.5.31
ページ数 413p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 492477717X
ISSN 09139737
NCID BA62266022
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想