特集 知と感性 : 感性哲学  3

日本感性工学会感性哲学部会編集委員会【編】

[目次]

  • 知の遊戯-「ずらしの術」
  • 概念のゲリラ化による知の活性法
  • 投稿論文(「場」と感性-現象学的アプローチによる企業における「職場」の研究
  • 環境地図の思想-「グリーンマップ」制作における子どものアイコン表現
  • 看護のアートにおける「技術」概念の文献的考察
  • ロボット・セラピーの可能性に関する一考察)
  • パリ講義「日本における感情と風景」
  • 感性の書棚(林真理著『操作される生命』
  • 佐々木能章著『ライプニッツ術』
  • 千田智子著『森と建築の空間史』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 知と感性 : 感性哲学
著作者等 日本感性工学会感性哲学部会編集委員会
書名ヨミ トクシュウチトカンセイ : カンセイテツガク : 3
巻冊次 3
出版元 東信堂
刊行年月 2003.10.20
ページ数 139p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4887135238
ISSN 13467999
NCID BA69082152
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想