記憶 : 哲学雑誌  第118巻 第790号

哲学会【編】

[目次]

  • ソクラテスの記憶-「対話篇」による哲学のスタイル
  • 記憶としての倫理に向かって-アリストテレスの記憶論
  • 「至福の生」の記憶-アウグスティヌスにおける「真理の倫理学」の可能性
  • 永遠真理の記憶と想起-ホッブズvs.デカルト
  • 記憶の可視化-忘れやすさからのライプニッツ的転回
  • 想起の内容と対象-われわれは何を想起しているのか
  • 遂行的記憶
  • 「もの」、「こと」、過去
  • 研究論文(現代自然法論における人間的善の構想-「濃密で曖昧な善の概念」
  • 時間論としての「第一類推」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶 : 哲学雑誌
著作者等 哲学会
書名ヨミ キオク : テツガクザッシ : 790
巻冊次 第118巻 第790号
出版元 有斐閣
刊行年月 2003.9.30
ページ数 196p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 464107674X
ISSN 03873366
NCID BA64328630
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想