分析空間での出会い : 逆転移から転移へ

松木 邦裕【著】

治療者とクライエントのあいだに何が起こるのか?対象関係論からの相互交流理解"転移"と"逆転移"の臨床技法を説く待望の論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 逆転移
  • 第2章 中立性
  • 第3章 治療過程での自己モニタリング
  • 第4章 逆転移、再考
  • 第5章 退行と転移
  • 第6章 転移にからめとられること
  • 第7章 すべてが転移/逆転移…ではないとしても
  • 第8章 転移と逆転移が出会うとき-転移‐逆‐転移
  • 第9章 共感と解釈
  • 第10章 夢という舞台、そして転移

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分析空間での出会い : 逆転移から転移へ
著作者等 松木 邦裕
書名ヨミ ブンセキクウカンデノデアイ : ギャクテンイカラテンイヘ
出版元 人文書院
刊行年月 2003.9.15
版表示 オンデマンド版
ページ数 210p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4409390015
NCID BA6432005X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想