オーガスト・ウィルソン特集 : アメリカ演劇  15

全国アメリカ演劇研究者会議【編】

一九八七年『フェンス』、九〇年『ピアノ・レッスン』で二度のピューリッツァー賞。さらに『フェンス』でトニー賞。そしてニューヨーク劇評家協会賞七回。八五年、ニューヨーク劇評家協会賞受賞作品となった『マ・レイニーのブラック・ボトム』以来、アメリカ演劇界を席巻し続けるアフリカ系アメリカ人劇作家オーガスト・ウィルソンの存在は、演劇研究のみならず、人種・ジェンダー・歴史をめぐるアメリカ文化研究の上からも、ますます大きな重要性を帯びるようになっています。特集論文とともに、特集外論文を二本掲載。アメリカ演劇研究の多様性を反映した特集号となりました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オーガスト・ウィルソン特集(『ジトニー』に見るウィルソン劇の変貌について-「文化論争」の後で
  • 『ジョー・ターナーが来て行ってしまった』における自分の歌を探す旅-血と骨のイメージをめぐって
  • オーガスト・ウィルソンの劇
  • オーガスト・ウィルソンの異色な脇の人物たち
  • オーガスト・ウィルソンの初期ブロードウェイ三作に見られる歌の行方-『ジョー・ターナーが来て行ってしまった』『マ・レイニーのブラック・ボトム』『フェンス』における語りの観点から
  • オーガスト・ウィルソン年表)
  • マーガレット・エドソンの「ウィット」について
  • デイヴィッド・レイブの『ストリーマーズ』にみられるマイノリティとアイデンティティの問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーガスト・ウィルソン特集 : アメリカ演劇
著作者等 全国アメリカ演劇研究者会議
日本アメリカ演劇学会
書名ヨミ オーガストウィルソントクシュウ : アメリカエンゲキ : 15
巻冊次 15
出版元 全国アメリカ演劇研究者会議
法政大学出版局
刊行年月 2003.9.10
ページ数 150p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4588998153
NCID BN07253349
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想