有機性汚泥の緑農地利用

日本土壌肥料学会【監修】;有機性汚泥の緑農地利用編集委員会【編】

本書は、過去10年間の研究・技術の進展をふまえ、有機性汚泥の緑農地利用に関する現在の知見を集大成し、解説を試みたものである。有機性汚泥としては、主として下水汚泥を対象としたが、肥料としてかなりの量が流通・利用されているし尿汚泥及び食品工場等の廃水処理によって産出される汚泥についても過去のデータを整理、記述した。また、最近有効利用の場として拡大傾向にある緑地利用については、2章を割き基本的事項の解説を行なった。さらに、下水汚泥の有効利用に積極的に取り組んでいる10都市の事例を紹介し、また流通問題に関しても調査事例を解析し、汚泥類のより広い活用の可能性に言及した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 汚泥の処理
  • 第2章 汚泥のコンポスト化
  • 第3章 下水汚泥、食品工場汚泥および同コンポストの特性
  • 第4章 し尿汚泥の特性
  • 第5章 有害成分
  • 第6章 農耕地に対する施用効果
  • 第7章 緑地に対する施用効果
  • 第8章 農地利用のガイドラインとモニタリング
  • 第9章 緑地利用のガイドラインとモニタリング
  • 第10章 汚泥肥料の流通と販売戦略
  • 第11章 下水汚泥の有効利用事例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有機性汚泥の緑農地利用
著作者等 日本土壌肥料学会
有機性汚泥の緑農地利用編集委員会
書名ヨミ ユウキセイオデイノリョクノウチリヨウ
出版元 博友社
刊行年月 2000.3.15
版表示 POD版
ページ数 299p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4826810024
NCID BA47638937
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想