ブドウ・巨峰事典

恒屋 棟介【著】

生食用大粒ブドウと醸造用小粒ブドウとは「品質で決定する」という点で共通性をもっている。そこで前著書『巨峰ブドウ栽培の新技術』『ブドウ・巨峰の発育診断』に引き続き、さらに成熟と熟成の問題を中心課題と考え、この点から改めて見直そうとしたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブドウの文化史
  • ブドウの種と品種
  • ブドウの発育週期と休眠生理
  • ブドウの発育生理と発育形態
  • ブドウの発育とC/N関係
  • ブドウと植物ホルモン
  • ブドウと気候
  • ブドウと土壌、地形
  • ブドウ園の開園計画〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブドウ・巨峰事典
著作者等 恒屋 棟介
書名ヨミ ブドウキョホウジテン
出版元 博友社
刊行年月 2002.4.15
版表示 POD版
ページ数 559p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4826810083
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想