近代日本とアジア : 文化の交流と摩擦

平野 健一郎【編】

[目次]

  • 日本における天主教排斥の論理-朝鮮朝闢衛論との比較考察
  • 「脱亜論」再考
  • 呉汝綸と『東遊叢録』-ある「洋務派」の教育改革案
  • 近代製糸業の導入と江南社会の対応-日中の交流と比較を含めて
  • 川口華商について1889‐1936-同郷同業ギルドを中心に
  • 孫文を繞る日本人-犬養毅の対中国認識
  • 植民地と文化摩擦-台湾における同化をめぐる葛藤
  • 1923年の東宮台湾行啓-天皇制の儀式戦略と日本植民地主義
  • 1923年の満州
  • 大沽事件をめぐる日中関係-中国国民革命の一側面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本とアジア : 文化の交流と摩擦
著作者等 平野 健一郎
書名ヨミ キンダイニホントアジア : ブンカノコウリュウトマサツ
シリーズ名 国際関係論のフロンティア 2
出版元 ブッキング
東京大学出版会
刊行年月 2000.3.1
版表示 POD版
ページ数 288p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4835400054
NCID BA47635462
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想