国際関係理論の新展開

山本 吉宣;薬師寺 泰蔵;山影 進【編】

本書は、国際関係論における最近の理論的・方法論的進展を反映させながら、この学問分野の将来の発展の諸方向を示唆することを目的として編まれたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国際政治の理論と行為主体-方法論的覚え書き
  • 国際組織の「主体」化-地域経済協力機構の社会システム論的整理
  • 政治学における近代的モデリング-リチャードソン・モデルを中心として
  • 混沌のなかの法則性-戦争の確率論的なモデル
  • モデルスキー長波理論の検討
  • 非軍事的安全保障の国際関係理論的基礎-国際交流をめぐる問題からの接近
  • 文革前中国の対外関心-『人民日報』社説の内容分析1950‐1965
  • 現代中国政治の循環的変動モデルをめぐって
  • 中国政治指導者の「二つの路線の闘争」に関する数量的研究
  • 開発問題と農民-北部ルソンの蔬菜生産における社会科学的要因分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際関係理論の新展開
著作者等 山影 進
山本 吉宣
薬師寺 泰蔵
書名ヨミ コクサイカンケイリロンノシンテンカイ
シリーズ名 国際関係論のフロンティア 4
出版元 ブッキング
東京大学出版会
刊行年月 2000.3.1
版表示 POD版
ページ数 275p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 483540002X
NCID BA47636374
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想