特集 理論言語学の現在 : EX ORIENTE  Vol.9 2003

大阪外国語大学言語社会学会【編】

[目次]

  • 特集「理論言語学の現在」(機能的構文論
  • 最適性理論の現在
  • 極小理論と素性照合
  • 認知文法における構文の扱いについて-形容詞コピュラ構文を例に)
  • 論文(「手段、場所、方向」概念と「近接」概念のつながり-日本語格助詞「で/へ」と韓国語格助詞
  • ベトナム語の名詞と動詞の区別可否について
  • 鬼進城(鬼、城内に入る)について-顧城詩言語論)
  • 研究ノート(韓国におけるフィリピン人女性-彼女たちをとりまく儒教思想との関わりから
  • 『瓊林雅韻』二本)
  • 書評
  • 研究会報告 中国政治史研究のフロンティア-1930年代を中心に
  • 講演 マルクス主義とソヴィエト言語学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特集 理論言語学の現在 : EX ORIENTE
著作者等 大阪外国語大学言語社会学会
書名ヨミ トクシュウリロンゲンゴガクノゲンザイ : エクスオリエンテ : 2003
巻冊次 Vol.9 2003
出版元 大阪外国語大学言語社会学会
嵯峨野書院
刊行年月 2003.7.28
ページ数 302p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4782303874
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想