碇の男

西村 寿行【著】

作家・能海十蔵は帰宅途中、交通事故に遭った女性を病院へ送り届ける。十三年後、死の床にある件の女性から、面会の申し出を受けた。宴席が用意され、もてなされる十蔵。が、気づくと監禁され理不尽な尋問が始まった。傑作ハードロマン集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 碇の男
著作者等 西村 寿行
書名ヨミ イカリノオトコ
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 2003.9.15
ページ数 247p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4198919461
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
人間鳥の邑跡 西村 寿行
刑事 西村 寿行
影なき男 西村 寿行
碇の男 西村 寿行
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想