モーツァルトのシンフォニー : コンテクスト、演奏実践、受容

ザスラウ ニール【著】<Zaslaw Neal>;礒山 雅【監修・訳】;永田 美穂;若松 茂生【訳】

ベートーヴェン以降に形成された「交響曲」のイメージを18世紀当時にもどし、モーツァルトが真に意図した「シンフォニー」の姿を再構築-。出版と同時に、世界中に新鮮な衝撃を与え、モーツァルト研究・演奏のバイブルとして君臨する『ザスラウのシンフォニー』の全訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(ザルツブルク(1)もろもろの起源(一七五六〜六四)
  • 大旅行(1)ロンドン(一七六四〜六五)
  • 大旅行(2)オランダ‐フランス‐スイス‐バイエルン(一七六五〜六六)
  • 教会シンフォニアとザルツブルク(一七六六〜六七)
  • ウィーン(1)オーケストラの国(一七六七〜六八)
  • ランバッハとザルツブルク(一七六九)
  • イタリア:源泉にして起源(一七六九〜七三)
  • ザルツブルク(2)リンボ界(一七七〇〜七七))
  • 2(マンハイムとパリ:失意(一七七七〜七八)
  • ザルツブルク(3)忍従(一七七九〜八〇)
  • ウィーン(2)自立(一七八〇〜九一)
  • 演奏実践
  • モーツァルトのシンフォニーに向けられたさまざまな意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルトのシンフォニー : コンテクスト、演奏実践、受容
著作者等 Zaslaw Neal
永田 美穂
礒山 雅
若松 茂生
ザスラウ ニール
書名ヨミ モーツァルトノシンフォニー : コンテクストエンソウジッセンジュヨウ
出版元 東京書籍
刊行年月 2003.9.3
ISBN 4487761603
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想