慢性腎不全

河原 和枝【監修】;佐々木 環;市川 和子【執筆】

慢性に経過する不可逆的な腎機能障害の進展により、体液の恒常性が維持できなくなった状態をいいます。その結果、代謝産物である尿素窒素、クレアチニン、尿酸などが血中に貯留し、同時に水・電解質異常、アシドーシス(酸血症)などが出現します。さらに腎臓の内分泌器官としての機能低下により、腎性貧血や骨代謝異常も認められます。症状としては、初期には倦怠感、易疲労感、夜間多尿など多彩です。さらに腎機能障害が進行し末期腎不全となり諸症状が出現した状態を尿毒症と呼びます。本リーフレットには、日常生活を改善しながら栄養療法ができるポイントを分かりやすく指示してあります。病態ごとにクイズ形式にしたり、チャートにしたり、患者さんが楽しみながら栄養の知識を身に着けられるよう工夫してあります。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慢性腎不全
著作者等 佐々木 環
市川 和子
河原 和枝
書名ヨミ マンセイジンフゼンホゾンキ
シリーズ名 栄養療法リーフレットシリーズ 7
出版元 日本医療企画
刊行年月 2003.8.20
版表示 第2版
ページ数 1冊
大きさ 21cm
ISBN 4890415769
NCID BA73346564
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想