知性について 他四篇

ショーペンハウエル【著】<Schopenhauer Arthur>;細谷 貞雄【訳】

ショーペンハウエル(1788‐1860)の主著『意志と表象としての世界』以上に愛読された『付録と補遺』の一部。該博な教養を模範的な散文に盛りこんだこの人生の箴言集は、哲学の専門領域を越えた書として広く読まれる。ドイツ観念論の体系的構築をしりぞけて、世界はすべて盲目的意志なりと説いた厭世的哲人の透徹した観察と辛辣な表現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学とその方法について
  • 論理学と弁証法の余論
  • 知性について
  • 物自体と現象との対立についての二三の考察
  • 汎神論について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知性について 他四篇
著作者等 Schopenhauer, Arthur
細谷 貞雄
ショーペンハウエル
書名ヨミ チセイニツイテホカヨンヘン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.11.15
ページ数 180p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 400336323X
NCID BN00924639
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想